Img header logo

Environment 環境 :

環境グローバルポリシー・2050年環境ビジョン

リード文

異常気象をはじめとする地球温暖化の影響は年々大きくなってきており、地球温暖化防止に向けた取り組みは、国際社会の重要な課題となっています。また、COP21におけるパリ協定では、世界の平均気温上昇を産業革命前と比較して2℃未満に抑えることが掲げられ、人間活動による温室効果ガスの排出量を実質的にはゼロにしていくことを目標としています。そこで、当社は「環境グローバルポリシー」に基づいた環境ビジョン(ECO VISION 2050)を定めました。環境に対する企業の社会的責任を認識し、豊かな地球環境の実現に向けて、事業活動の全分野において環境に配慮した活動を推進します。

小野薬品工業株式会社 経営企画部 兼 CSR推進室, 小野薬品工業株式会社 CSR推進室, system

環境グローバルポリシー

当社グループは、「病気と苦痛に対する人間の闘いのために」という企業理念のもと、革新的な医薬品の創製とともに、気候変動などの環境問題の課題解決に取組み、持続可能で豊かな社会の実現に貢献します。

  1. 環境に対する企業の社会的責任を認識し、製品の研究・開発・調達・生産・流通・販売・使用・廃棄にわたる全ての段階において環境に配慮した活動を行います。
  2. 各国・各地域の環境関連法令・協定および自主基準を遵守します。
  3. 環境マネジメントシステムのもと、目標と活動計画を設定し、定期的にモニタリングを行い、情報開示を行います。
  4. 最新の科学技術を積極的に取り入れ、環境負荷の低減を図ります。
  5. 自然環境保護や生物多様性保全のため、資源とエネルギーの効率的な使用、水の効率的利用と適切な排水管理、廃棄物の削減、リサイクルの推進、汚染の予防などに取り組みます。
  6. 社内外のステークホルダーとのコミュニケーションを促進し、協働して環境にやさしい“ものづくり”に取り組みます。
  7. 環境に配慮した取り組みを推進するための教育を通じて、全従業員の意識の醸成を図ります。
小野薬品工業株式会社 経営企画部 兼 CSR推進室, 小野薬品工業株式会社 CSR推進室, system

環境ビジョン

当社は持続可能な社会の実現のため、2050年に向けた環境ビジョン「Environment Challenging Ono Vision(ECO VISION 2050)」を策定しました。

ECO VISION 2050

ビジョン策定の背景

近年、気候変動など地球環境課題が深刻化しており、2050年の未来では、水や食料の不足、新たな疾患の増加、自然災害の甚大化による生活の基盤の破壊など、さまざまな脅威が人々の健康で健全な生活を脅かすと予想されます。
「病気と苦痛に対する人間の闘いのために」という企業理念のもと、当社が、革新的な医薬品の創製によって、未来においても健康で健全な社会づくりを推進するためには、当社の事業活動が健全な地球環境に支えられて成り立っている事を認識し、環境課題の解決に向けた取り組みを強化することが重要です。それが環境に対する企業の責任であると同時に、持続的な事業活動の基盤構築にもつながると考えます。
人々が健康で健全な社会を迎えられるよう、当社は「ECO VISION 2050」のもと、2050年を見据えて環境負荷低減に向けて挑戦していきます。

小野薬品工業株式会社 経営企画部 兼 CSR推進室, 小野薬品工業株式会社 CSR推進室, system

目標(中長期目標と年度目標)と結果

「ECO VISION 2050」の実現に向けて、「脱炭素社会の実現」、「水循環社会の実現」、「資源循環社会の実現」の3つを重点項目と定め、温室効果ガス、水、廃棄物についての具体的な中長期目標を2019年に設定するとともに、年度目標を毎年設定しています。

温室効果ガス

中長期目標と年度目標

当社の中長期的な温室効果ガス削減目標は、SBTiから最も意欲的な目標「1.5℃目標」に分類されています。詳細は、こちらをご参照ください。エネルギーについては、RE100(2020年6月加盟)に沿い、再生可能なエネルギーの利用を高めて参ります。

ECO VISION 2050達成のロードマップ
目標に対する結果(進捗状況)
目標 2020年度の結果
  1. 温室効果ガス排出量(スコープ 1+2)(マーケットベース※1)を2030年度に55%削減、2050年度にゼロにする<2017年度比> 【ECO VISION 2050】
    • ※1  各電力事業社が公表している排出係数を基に算出した温室効果ガス排出量
  1. 温室効果ガス排出量(スコープ1+2)は、2017年度比12.6%削減
  1. 温室効果ガス排出量(スコープ3)を、2030年度に30%削減、2050年度に60%削減する<2017年度比>【ECO VISION 2050】
  1. 温室効果ガス排出量(スコープ3)は、2017年度比27.6%削減(スコープ3については、算出時点では当社の主要取引先および医薬品卸の2020年度CSRレポートが公開されていないため2019年度結果です。)
  1. 全消費電力に占める再生可能エネルギー利用率を、2030年度に55%以上、2050年に100%にする
  1. 全消費電力に占める再生可能エネルギー利用率は、13.2%
  • 【ECO VISION 2050】を付した項目は、中長期環境ビジョン「ECO VISION 2050」の実現に向けて設定した具体的な中長期目標です。

中長期目標と年度目標
  1. 2030年度に、水資源使用量(取水量)を生産数量原単位で15%削減する<2017年度比>
  2. 水資源使用量(取水量)を前年度以下とする <年度目標>
目標に対する結果(進捗状況)
目標 2020年度の結果
  1. 2030年度に、水資源使用量(取水量)を生産数量原単位で15%削減する<2017年度比>【ECO VISION 2050】
  1. 水資源使用量(取水量)は、生産数量原単位で2017年度比4.6%増加
  1. 水資源使用量(取水量)を前年度(2019年度:296.7千m3)以下とする <年度目標>
  1. 水資源使用量(取水量)は、2019年度比17.2%(51.1千m3)削減
  • 【ECO VISION 2050】を付した項目は、中長期環境ビジョン「ECO VISION 2050」の実現に向けて設定した具体的な中長期目標です。

廃棄物

中長期目標と年度目標
  1. 産業廃棄物の最終埋立処分率を毎年1%以下とする
    • 非リサイクル(=埋立・単純焼却)の割合を総量の1%以下とすることを、小野の「ゼロエミッション」の基準とする
  2. 2030年度に、産業廃棄物の排出量を生産数量原単位で15%削減する<2017年度比>
  3. 事業活動において、環境負荷低減を促進していく。
  4. 産業廃棄物の排出量を前年度以下とする<年度目標>
目標に対する結果(進捗状況)
目標 2020年度の結果
  1. 産業廃棄物の最終埋立処分率を毎年1%以下とする【ECO VISION 2050】
    • *  非リサイクル(=埋立・単純焼却)の割合を総量の1%以下とすることを、小野の「ゼロエミッション」の基準とする
  1. 産業廃棄物の最終埋立処分率は0.2%となり、ゼロエミッションを引き続き達成
  1. 2030年度に、産業廃棄物の排出量を生産数量原単位で15%削減する<2017年度比>【ECO VISION 2050】
  1. 産業廃棄物の排出量は、生産数量原単位で2017年度比13.2%増加
  1. 事業活動において、環境負荷低減を促進していく【ECO VISION 2050】
  1. 製品包装などにおいて、材質変更や包装形態の変更を通して、環境負荷を低減(詳細は、「環境負荷低減の促進に向けた取り組み」をご確認ください。)
  1. 産業廃棄物の排出量を前年度(2019年度:430.8t)以下とする<年度目標>
  1. 産業廃棄物の排出量は2019年度比71.9t増加
  • 【ECO VISION 2050】を付した項目は、中長期環境ビジョン「ECO VISION 2050」の実現に向けて設定した具体的な中長期目標です。
小野薬品工業株式会社 経営企画部 兼 CSR推進室, 小野薬品工業株式会社 CSR推進室, system