Img header logo

Social Contribution Activities 社会貢献活動

あらゆる生命の存続に資する環境保全

リード文

当社では、事業活動を行ううえで、生態系に及ぼす影響を認識するとともに、生物多様性や気候変動などの環境課題の解決に向けて取り組んでいます。持続可能で豊かな社会の実現のため、製品の研究・開発・調達・生産・流通・販売・使用・廃棄にわたる全ての段階において、生物多様性に配慮した活動を推進することが重要であると考えています。また、当社は「経団連生物多様性宣言・行動指針」に賛同しています。

小野薬品工業株式会社 経営企画部 兼 CSR推進室, 小野薬品工業株式会社 CSR推進室, system

各事業所における取り組み

各事業所で、清掃活動や防災活動、自然保護活動をはじめとするさまざまな地域社会貢献活動に取り組んでいます。

フジヤマ工場では、地域環境に配慮した活動として、富士宮市各自治会の清掃活動「ごみ一掃作戦」および「富士宮市清掃運動」で使用するゴミ袋を提供しました。また、2021年3月に工場敷地の外周の清掃を行いました。

城東製品開発センターでは、大阪市主催の大阪マラソン”クリーンUP”作戦の行事の一環として計画していた城東製品開発センター及び隣接小学校の外周や公園等の清掃活動について、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から2020年度の実施を見送りました。また、自衛消防力と災害対応力の強化を目的に開催された東成自衛消防協議会の自衛消防技術指導会(令和2年度)に少人数とはなりましたが、前年同様に参加し、消火器操法と屋内消火栓操法について東成消防署の指導の下、実際の火災に備えた訓練を行いました。

水無瀬研究所では、全国名水百選に選ばれている名水を守るため「離宮の水」保存会に加入しており、年2回の一斉清掃に参加しています。また、地域住民の防火意識の高揚を目的に毎年11月に行われている島本町防火まつりへの参加や、例年1月の第2日曜日に実施される島本町消防出初式に自衛消防隊として参加し、消火訓練を行っていましたが、2020年度は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、いずれも中止となり、参加することができませんでした。

福井研究所では、研究所の外周付近に捨てられているゴミ回収等の定期的な清掃の実施、防火意識の高揚および消火技術向上の一環として毎年実施される自衛消防操法大会で当社自衛消防隊が消火訓練に参加しています。また、研究所内の体育館とテニスコートを地域にお住まいの方々に開放し、交流の場所としてご利用いただいています。なお、2020年度は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、自衛消防操法大会が中止となりました。

筑波研究所では、研究所周囲のポイ捨てゴミを定期的に拾い、美観を保つよう努めています。

フジヤマ工場における取り組み

小野薬品工業株式会社 経営企画部 兼 CSR推進室, 小野薬品工業株式会社 CSR推進室, system

エコキャップ活動

本社および水無瀬研究所では2014年、筑波研究所では2018年からエコキャップ活動に参加し、自動販売機付近にペットボトルキャップ専用のゴミ箱を設置しています。
ペットボトルのキャップを一般ゴミとして捨てるのではなく、提供したキャップはリサイクル活動を通じて、医療支援や障がい者支援、子どもたちへの環境教育等、様々な社会貢献活動にあてられています。

写真ペットボトルキャップ専用のゴミ箱
事業所ごとの回収量 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
本社 28,380個
(66.0kg)
20,210個
(47.0kg)
33,250個
(77.3kg)
20,640個
(48.0kg)
水無瀬研究所 10,750個
(25.0kg)
26,875個
(62.5kg)
23,220個
(54.0kg)
15,480個
(36.0kg)
筑波研究所 2,365個
(5.5kg)
1,290個
(3.0kg)
1,720個
(4.0kg)
小野薬品工業株式会社 経営企画部 兼 CSR推進室, 小野薬品工業株式会社 CSR推進室, system

「水のふしぎ探検隊」(フジヤマ工場周辺自治体主催/小学生対象)への協賛

当社は、富士宮市が主催する水環境を中心に、富士山の自然環境、地球環境について自ら考えることを目的とした体験学習『水のふしぎ探検隊』(フジヤマ工場周辺自治体主催/小学生対象)への協賛を2015年度より行っています。2020年度は新型コロナウイルス感染症の影響により、本活動は中止となりました。

写真
小野薬品工業株式会社 経営企画部 兼 CSR推進室, 小野薬品工業株式会社 CSR推進室, system

現地法人での取り組み

台湾小野薬品(OPTW)では、創立6周年の記念日にあたる2020年12月11日にCSR活動を行いました。例年は、がん患者団体の財団法人台湾癌症基金会(以下、台湾癌症基金会)を通じて、がん患者さんと一緒に活動を行ってきましたが、2020年はコロナ禍の状況を考慮し、台湾の重要な社会問題の1つである環境問題に着目したガラス瓶のリサイクル活動を行いました。
今回のCSR活動は、SDGs(国連の持続可能な開発目標)を意識して企画したものであり、台湾の環境汚染の状況、廃棄物の処理問題、リサイクルの重要性、そしてどのような工程でリサイクルが行われているのかについて、講義と体験を通じて学び、全社員が持ち寄った空き瓶を社名入りの小グラスにするリサイクル作業を体験しました。
今後も、SDGsを意識しながら、OPTWが出来るCSR活動を推進していきます。

台湾小野薬品(OPTW)

台湾小野薬品(OPTW)

小野薬品工業株式会社 経営企画部 兼 CSR推進室, 小野薬品工業株式会社 CSR推進室, system